オリゴ糖の役割

具体的にオリゴ糖にはどのような働きがあるのでしょうか。オリゴ糖は20種類ほどあり、その中には胃や小腸で消化されずに大腸に届く性質ものがあります。消化されずに大腸に届くオリゴ糖には、ビートオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖があります。

ビートオリゴ糖は、別名ラフィノースとも言われ、北海道で育ったてん菜や砂糖大根から抽出した糖です。フラクトオリゴ糖は、たまねぎやバナナなどに含まれています。ガラクトオリゴ糖は、乳製品に含有されています。大豆オリゴ糖は、名前の通り大豆に含まれています。乳果オリゴ糖は牛乳に含有される乳糖とサトウキビに含有されるショ糖から精製されます。キシロオリゴ糖は、たけのこやトウモロコシに微量に含有されている糖です。

消化されずに大腸に届いたオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになり善玉菌が元気になります。善玉菌が作り出す乳酸や酢酸の働きで、腸内は酸性になります。悪玉菌はアルカリ性の環境を好むため、腸内が酸性になると悪玉菌が棲みにくくなり、腸内環境が改善されます。腸内環境が良いと大腸の蠕動運動がスムーズになり、便秘改善につながります。便秘が改善されることで肌荒れの改善も期待できます。便秘のときには悪玉菌が増えて、有害物質を作りだしています。有害物質が腸から吸収されて血液に入り、全身を巡って肌にも届けられます。有害物質の刺激によって肌荒れが起こるのです。便秘が改善すれば悪玉菌が減って有害物質も減り、肌荒れの改善につながります。